ニュウコウジュ油

  • 精油名:フランキンセンス(乳香)
  • 学名:Boswellia carterii
  • 科名:カンラン科
  • 水蒸気蒸留部位:樹脂
  • 主な産地:ソマリア、スペイン、エチオピア
  • 香り:樹脂系の古代の儀式を思わせるような神聖な香り

幹に傷をつけると乳白色の樹液が染み出すことから「乳香」とも呼ばれ、白い樹液は空気に触れると黄色の固体となります。オリバナムとも呼ばれ、古くから儀式に利用された、世界で最も歴史のある薫香のひとつ。ちなみに、フランキンセンスは、「真の香」を意味する中世フランス語が語源だと言われています。

樹脂は、幹が傷ついたときにその部分を埋めるように出てきますが、精油にもその性質があり、皮膚を保護する力が強く、床ずれなどにもよく使われます。

また、フランキンセンスは荒野でとても乾燥した地域に生息し、そこに住む人々を乾燥から守り、スキンケアや粘膜ケアに非常に役立つ精油として親しまれています。

この乳香は、インドやエジプトでは、神に捧げるために焚かれ、また「新約聖書」の中でキリスト誕生の際、東方の使者が持参した貢物のひとつとしても記されている神聖な精油としても有名です。貢物は3つと言われ、黄金、もう一つは精油にもある「ミルラ」でした。

古代エジプトでは、女性の若返りのパックの原料として使われていたそうです。

肌へはもちろんのこと、ストレスや気分の落ち込みなどにも期待できる精油です。

特性

皮膚

瘢痕形成(創傷治癒)、抗真菌、抗菌、収斂(ひきしめ)、消毒、消炎

新しい細胞の成長を促し、ひきしめながら肌を潤しシミ、しわ、たるみや、傷ついた肌を回復するのに役立ちます。乾燥肌、敏感肌、老化肌におすすめの精油。

皮脂のバランスを取り、創傷、ただれ、潰瘍、膿をもったできものの改善などを助けます。

リラックスしたいとき、呼吸をゆっくりさせてくれるとともに、心を落ち着け、平和な氣持ちにしてくれます。

不安、緊張、恐怖、パニック、強迫観念などを追い払い、平常心を取り戻すなどの精神安定に役立ちます。また、氣持ちを高揚させ元氣にもしてくれます。

呼吸器:粘膜を鎮静させる。(息切れ、咳、痰、気管支炎、カタル、鼻かぜ、喘息など)

生殖器:子宮の強壮(不正出血、月経過多)

消化器:消化促進(消化不良、げっぷ)、下痢の緩和

泌尿器:膀胱炎、腎臓の感染症、利尿

主な含有成分

数値(%)は平均的含有量

モノテルペン炭化水素類 70~80%αピネン、リモネン、パラシメン、β-ミルセン、αツジェン、サビネン、p-サイメン、β-ピネン、α-フェランドレン
セスキテルペン炭化水素類 5~10%β-カリオフィレン
比重:0.860~0.878 屈折率:1.467~1.478 旋光度:-20°50’~ -1°50’

安全性

禁忌使用方法・使用量の目安に準ずれば禁忌なし
注意事項使用方法・使用量の目安に準ずれば注意なし
光毒性なし
経口毒性非毒性
皮膚刺激緩和

相性が良い精油

  • 柑橘系:オレンジ、グレープフルーツ、メリッサ、レモン
  • エキゾチックな香り:サンダルウッド、パチュリー
  • 花の香り:ジャスミン、ゼラニウム、ラベンダー
  • ハーブ系の香り:クラリセージ、ローズマリー
  • 森林、樹脂系:ベンゾイン、ミルラ

※精油は、皮膚の治療や病気を治すための医薬品ではありません。症状に対してご使用になられたい場合は、医師にご相談されるか、自己責任の下ご使用くださいますようお願い致します。

関連記事

  1. 植物油 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

  2. パルマローザ油

  3. ラベンダー油

  4. ダマスクバラ花油

  5. セロリ油